ついに完結間近「ばらかもん」に感じるフツーの大切さ

2018.12.04 Tuesday

0

    このエントリは 2018年オススメのマンガ Advent Calendar 2018 の参加エントリです。

    昨日は june29 さんの 漫画「ワールドトリガー」を2018年に語る でした。

    オススメされている漫画、改めてちゃんと読むぞ〜!

     

    さて、私が2018年にオススメする漫画は「 ばらかもん 」です。

    (紹介内容には多少のネタバレを含みますのでご了承ください)

     

    ばらかもん(18)(完) (ガンガンコミックスONLINE)

     

    あらすじ

     

    書道家 半田清舟が、書道会の大御所を殴ったことがきっかけで

    東京から遠く離れた長崎・五島で暮らすことになり、

    その土地で育った子ども・なるや、島の人々と自然とふれあいながら成長していく姿を描いた

    ほのぼの日常コメディ。

     

    2018年で連載10周年を迎え、2014年にはTVアニメが放映され、

    スピンオフの「はんだくん」も連載、アニメ化されていました。

    12月12日発売の月間少年ガンガン、コミック18巻でいよいよ完結します。

     

     

    「フツー」が大切なことを教えてくれる

     

    話の中で度々「普通」というキーワードが出てきます。

    東京で幼い頃から書道ばかりで親に大切に育てられた半田先生にとって、

    島での生活は驚きの連続ですが、島の人達にとってはそれが日常=普通で、

    そんな日常の中に順応し本来の素直な半田先生がのびのびと暮らしている姿には

    ある種の憧れも感じてしまいます。

     

     

    好きなエピソード・シーン5選

     

    ばらかもんは、半田先生を中心としたキャラクターがとても魅力的で、

    五島に行ったら本当にこんな人達がいるかも知れないと思うくらい、

    人間味があふれていて、素敵な日常が描かれています。

    その中でも、私が特に好きなエピソードを紹介させてください!!!

     

    1. フツーが一番ですね

    コミック6巻 Act.52 より

    ばらかもん(6) (ガンガンコミックスONLINE)

    一度帰省し、島に戻ってきた半田先生が

    なるのおじいさんのトラクターの荷台から海を見てつぶやいた一言。

    一番最初の話でも同様のシーンが出てくるのですが、

    そのときには「フツー」ではなかったことが「フツー」になり、

    半田先生が島での暮らしを本当に受け入れ始めた瞬間なのかなと感じて

    とても良いシーンだなと思っています。

     

    2. うるさい ほっちょけちば

    コミック7巻 ACT.62 より

    ばらかもん(7) (ガンガンコミックスONLINE)

    半田先生が修学旅行中の中学生たちの状況を村内放送した際に

    うまく話せなかったことをおちょくられて思わず出た島の方言。

    「うるさい、ほっとけ」という意味のようです。

    ブチ切れた瞬間に思わず方言が出てしまった。

    何気ないことなのかもしれませんが、

    半田先生自身が「マズイ」と言いながらも島に馴染みだしていることを

    読んでいる私が感じてほっこりしたシーンでした。

     

    3. お前の書は 努力と意地で人の心を打つ

    コミック10巻 Act.80

    ばらかもん(10) (ガンガンコミックスONLINE)

    半田先生が島に来た父・半田清明と書道対決をした際に

    半田清明が息子に贈った言葉。

    親の期待になんとか答えようと必死だった半田先生に、

    厳しかった父が優しい言葉をかけてたことで、

    これまで半田先生を縛っていた呪いが解けたようなシーンでした。

    は〜良い親子だなぁ。

     

    4. オレはお前の先生だぞ

    コミック12巻 Act.92 より

    ばらかもん(12) (ガンガンコミックスONLINE)

    これまで登場しなかったなるのお父さんの優一郎が

    短い帰省を終えて島から旅立つのを見送った際に、

    寂しそうななるの背中を見て

    半田先生が泣きながらなるを励ますシーン。

    一緒に泣いてしまうところに半田先生の優しさがにじみ出ている…

    そして私も泣いた…

     

    5. オレはそんなにニブイ男じゃないぞ

    コミック16巻 Act.115 より

    ばらかもん(16) (ガンガンコミックスONLINE)

    ヒロシーーーーーーーーーーー!!!!!

    と叫びそうになった(むしろ叫んだ)シーン。

    卒業式の教室で、ヒロシがクラスメイトの田嶋さんに言った言葉が、

    ヒロシとは思えないほど男前で感動しました。

    (そしてオチを見て、私の感動を返してくれ、と思った。)

     

     

    以上が特に好きなエピソードやセリフなのですが、

    他にもキヨばの話とか山村酒店の看板の話とか、

    まだまだ好きな話がたーーーくさんあります!

    とにかくみんなも読んでくれ…!!!

     

     

    最後に

     

    ばらかもんの魅力は、キャラクターたちの日常ほっこりストーリーの他に、

    村のゆっくりとした空気の中に漂うほんのりとした寂しさもあるんじゃないかなぁと思っています。

    なるたちの通う小学校の分校には、少子化の影響か新入生が入学してこなかったり、

    高校を卒業すると進学先や就職先は島外でほとんどの人は村を出ていく現実だったり。

    どこか寂しい現実が描かれる一方で、島の人達は優しく愉快な日常を暮らしていく。

    そんな、半田先生を含めた島の人達の「フツー」が心地よいのかなと思います。

     

    は〜もう今からばらかもんロスの気配を感じていますが、

    どんなふうに完結するのか楽しみです!

    気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

     

    よかったら 2018年オススメのマンガ Advent Calendar 2018 でみなさんのオススメ漫画も教えてください!

     

     

    先生が金髪になるエピソードも好きだな〜

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL