「北北西に曇と往け」を読んだ<漫画>

2016.04.07 Thursday

0
    今日は漫画の話です。

    ハルタ vol.32 で、入江亜季さんの新連載、
    「北北西に曇と往け」
    がはじまりました!やっと読んだ!



    入江亜季の新連載「北北西に曇と往け」開始、17歳の少年がアイスランドを行く - コミックナタリー

    入江亜季さんの作品が大好きで、以前同じ雑誌で「乱と灰色の世界」という作品を連載されていました。
     
    著者 : 入江亜季
    エンターブレイン
    発売日 : 2009-11-16

    魔法使いの女の子・乱とその周りにいる人との間に起こる不思議な物語です。
    世界観が独特で、生き生きしていて、モノクロの紙面がキラキラして見えるような。
    キャラクターがとにかく魅力的で、みんな好きになっちゃう!

    今回の「北北西に曇と往け」も不思議な感じで、
    謎めいたの主人公が旅をしている様子が描かれているのですが、
    寝床を作るところや朝ごはんとかが、何か特別なものに見えてくる、
    この世界観がたまらん〜!!!

    入江亜季さんの作品で、今のところワタシ的には「乱と灰色の世界」がとにかくお勧めですが、
    短篇集「群青学舎」も良いです!!!
     
    入江亜季さんの本は装丁のデザインもかっこよくて、知らなくても本屋で見かけたら手に取ってしまってたんじゃなかろうか。
    こんな装丁のお仕事たのしそうだな〜。

    機会があればぜひ読んでみてください( ´∀`)
    ペパボの人は声かけてくれたら会社に持っていきます。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL