週刊新カゴ通信号外 〜10年続くサービスのコアを丸っと作りなおすプロジェクトチームの1日〜

2015.12.14 Monday

0
    この記事は Product Owner Advent Calendar 2015 – Qiita の 14日目 のエントリです。

    はじめに
    @getsukikyu と申します。
    私は GMOペパボ でネットショップ構築・運営サービス「 カラーミーショップ 」のカート画面を新しくするプロジェクトのプロダクトオーナーを務めています。
    通称「 新カゴプロジェクト 」と呼んでおり、そのプロジェクトの進捗を社内にアウトプットするために、週刊新カゴ通信というものを書いています(最近は月刊みたいになっている…)
    本日はそちらの号外として、新カゴプロジェクトチームの1日をお届けします。


    新カゴプロジェクトチームのある1日

    ●10:00 始業
    1日の業務が開始します。
    メールやGitHub、Slackなどを各自チェックします。

    10:30 朝会
    時間になると、おもむろにホワイトボード前に集まります。
    チーム編成はPO1名、開発チーム4名(エンジニア3名+デザイナ1名)、ディレクタ1名です。
    朝会は順番に、昨日やったこと、今日やること、困ってることなどを発表していきます。
    時間としては約15分ほどです。

    新カゴ朝会

    新カゴチームのかんばんは、背面が磁石になっている取り外し可能なホワイトボードを使っています。
    持ち運びがとても便利で、増減もしやすいです。

    新カゴかんばん

    かんばんには1週間の計画以外に、新カゴで初めて購入された商品(POが購入)を貼って毎日見れるようにし初心を忘れないようにしています。
    最近では年末なので、残り営業日を記入したりもしています。(あと7営業日…)

    10:45 スプリントレビュー
    新カゴチームのイテレーションは1週間です。
    1週間に一度、開発チームからPOに向けてスプリントレビューを行います。
    POはこの時間で開発チームの1週間の成果を確認し、問題がなければ作業完了として「Accept」をします。

    新カゴプロジェクトでは PivotalTracker というツールを導入しています。
    このツールでは登録したタスクのステータスを設定することができ、うちのチームでは
    POから「Accept」というステータスに変更したタスクのみリリースできるというフローにして完了条件を明確にしています

    PivotalTracker

    11:30 ふりかえり会
    1週間に一度、チームのみんなでふりかえり会を行います。
    最近はチームメンバー週替りでファシリテーターを回すようにしています。
    時間としては約45分〜1時間ほどです。

    新カゴふりかえり会

    いつもは普通にKPTでふりかえりを行っているのですが、一度オプションとして「過去に経験した痛い話をしてから付箋を貼る」というルールを設けた際はあまりの痛々しさにMTGルームが阿鼻叫喚に包まれましたw
    いつもと違った雰囲気になっておもしろいのでオススメです!

    12:30 スプリント計画
    1週間のスプリントが終わったら、次のスプリントの計画を行います。
    プロダクトバックログからタスクを抜き出し、1週間の作業計画を立てます。
    スプリント計画は開発チームで進め、その計画をPOに共有し次回のスプリントレビューでどのような成果物を確認できるかを明確にします。

    13:00 ランチ
    ランチはみんなで行ったり行かなかったりします。
    たまにみんなで行く場合は週末の予定や家族の話なんかをしたりします。

    14:30 おやつタイム
    おやつタイムと言っても、ガチでおやつを食べる時間ではありません。
    現在新カゴチームでは新卒エンジニアのOJTを行っています。
    OJTの期間中、何か困ってることがないか先輩エンジニアが相談に乗る時間を「おやつタイム」と呼んで、毎日この時間に10分程度行っています。
    「悩んでいることがあっても(気を遣って)なかなか相談できない」ということがないようにこの時間を設けました。
    困っていても困ってなくても毎日開催されます。

    16:00 スーパーレビュータイム
    毎日1時間、開発チームはスーパーレビュータイム(略してSRT)というレビューを行うための時間を設けています。
    「レビューで作業が中断する」「レビュー待ちで作業が止まる」などということを解決するために、
    この時間に全員集まって一気にレビューをするという決まりを作りました。
    SRTの導入は作業効率アップにつながりました。
    (もちろん急ぎなどがあればSRT以外でレビューすることもあります)

    18:30 新カゴ事業戦略夕会
    大層な名前ですが、POとデザイナとディレクタが集まって雑談をする時間です。
    主にUIデザインのレビューなどを行い、その場で構成を考えたり修正をしたりします。
    POが悩んでいることなど(数字の取り方や今後の計画など色々)も相談します。

    19:00 終業
    19時に終業し、大体19時半〜20時くらいに各自帰り出します。
    POは主に庄やに向かいます。


    まとめ
    新カゴプロジェクトチームでは、コミュニケーションを取る時間を作っています。
    コミュニケーションが取れるタイミングをいくつか用意しておくと、プロジェクトが円滑に進みます。
    • 日頃からコミュニケーションを取っていると言いたいことも言いやすい
    • みんなが何をしているのかが把握できる
    • 時間を決めておくと他の時間は作業に集中できる(ふらりと話しに行くこともあるけど)
    • 気持ち良く仕事ができる
    • ネーミングを工夫するのも楽しい

    書籍「 Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方 」にも書かれているように、良いプロダクトは良いチームから生まれるということを私自身も信じているので、チームメンバーが最高のパフォーマンスを発揮できるような環境づくりを日々心がけています。

    関連資料
    新カゴプロジェクトのPOとして大切にしていることをまとめたスライドもありますので、よろしければご覧ください!


    以前マイナビさんにインタビューをしていただいた記事もあります。
    エンジニアとの素敵なつきあい方 - GMOペパボに聞く


    明日 Product Owner Advent Calendar 2015 – Qiita の 15日目 のエントリは
    同じペパボのPO @hogemoge の 「チームの壁 is 良い」 という話 です。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL