プライベートでこんなサービス作ってます

2013.01.26 Saturday

0
    ペパボの採用情報用FBアカウントで、私が参加しているREMPチームのことを紹介していただきました。イエーイ
    (株)paperboy&co. 採用情報 FBアカウント


    ■REMPチームとは?
    @hika69(フロントエンド担当)、@hideack(バックエンド担当)、私(デザイン担当)の3人が主要メンバーとして、
    プライベートでサービスを作っています。
    みんなペパボで働いていて、部署は違ったりしています。


    ■ソーシャルジュークボックスサービス「REMP」

    http://www.remp.jp
    REMP(「レンプ」と読みます)は、Facebookアカウントと連携して利用できるサービスで、
    Facebookフレンドとお気に入りの YouTube 動画・プレイリストを共有することができます。
    プレイリストを連続再生できるので、作業用BGMに最適です。

    私はREMPの説明ページのデザインを担当しています。
    (それを作るためにジョインしたのがきっかけ)
    この間ステッカー作りました。欲しい人ご連絡ください〜



    ■カジュアルにプレゼンテーションを行うためのフレームワーク「STORY BOARDS」

    http://www.storyboards.jp
    略して「ストボ」と呼んでいます。
    ストボは、簡単にプレゼンテーションを作成・配信できるサービスです。
    マークダウン形式でスライドをサクッと作成でき、
    再生ボタンをクリックするとプレゼンテーションを始める事ができます。
    閲覧用URLを共有する事で、PCやスマートフォンのブラウザで閲覧する事ができ、
    プレゼンテーター(これ和製英語らしです)が行っているプレゼン画面と同期してうごきます。
    閲覧者は、画面をダブルクリックする事で、プレゼン画面に「いいね」を表示させる事ができます。
    (みんなで連打すれば、ニコ動みたいに弾幕っぽくなって盛り上がる)

    ストボは、ペパボの開発合宿「お産合宿6」で生まれたサービスです。
    ロゴやUIなど、デザインの全般を担当しています。
    サービスのデザインを一から作った事が初めてだったので、とても楽しかったし、カタチになって嬉しかったです。


    ストボを作ってる時は色々言い合いになったりもしましたが(思い出したらニヤニヤするw)
    なんか、バランスが良くて長く続いているチームです(私は参加してから1年以上になるのかな)

    サービスって、続けていく事が大切だと思うので、
    私たちはこれからもREMPもストボも長く続けていきたいと思っています。
    のんびりのんびり。

    今度も、また新しいサービス作る密会をやる予定です(参加したい人声かけてくださいw)
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL